アーカイブ

Archive for the ‘企業・人’ Category

不思議な国「日本」

ひろぶろさんで面白い動画を見つけました。

名古屋のグラフィックデザイナー、
Kenichi Tanakaさんが制作した動画です。

タイトルは「JAPAN The Strange Country」
日本の不思議な点を海外の方に伝えるようなスタンスでまとめています。

着目点の面白い内容もさることながら
私はその見せ方が素晴らしいと思いましたね。

最小限の文字や絵で、非常にわかりやすい工夫がされています。
これは勉強になると思い、記事にしました。

動画はこちらです。(画像をクリックすると動画サイトへ)

Japan – The Strange Country (Japanese ver.) from Kenichi on Vimeo.

■ひろぶろ
日本に居ると気づかない、日本の「不思議な事実」(動画)

■Kenichi Tanaka Design Gallery
http://www.kenichi-design.com/

広告

第一生命が上場しました

4/1の昨日、大きなニュースになった会社と言えば
「第一生命」ですね。

相互会社から株式会社へと変わり
4/1に東証に上場しました。

初値は16万円

株式会社化に際して、保険加入者も株主になりました。
私もその一人。

約700万人の保険加入者が上場に伴って
株や現金を手にしました。

1株以上の割当がある人は株か現金のどちらで受け取るか決められます。
1株未満の端数は現金としてもらえるみたいです。

こちらは1株:約15万円での計算なので、
けっこうなボーナスですね。

ニュースで8株ぐらいもらった人が紹介されていましたが
100万円近いボーナスになっていました。

700万人分を合計すると1兆円を超えるとされています。
とても大きな経済効果ですね。

第一生命の株価は今後上がるでしょうか、下がるでしょうか
一般的なIPO企業とは違って上がるという見通しもありますね。
今後の動向に注目です。

■第一生命保険株式会社
http://www.dai-ichi-life.co.jp/

カテゴリー:ニュース, 企業・人 タグ: ,

モチベーション3.0

3/27発売の週間東洋経済の表紙に
「新しいやる気のかたち モチベーション3.0」と書かれていて
すぐに買ってしまいました。

簡単に説明すると、

■モチベーション1.0「生態的な動機ーサバイバル」
ものを食べる、生殖活動を行う、睡眠をとるなどの根源的な欲求。
石器時代から持ち続けている基本的な欲求。

■モチベーション2.0「与えられた動機ー信賞必罰」
外部から与えられた目標を達成することで、金銭や名誉の獲得を目指す欲求。
成果主義や信賞必罰に基づく手法が使われる。

■モチベーション3.0「自発的な動機ーワクワク感」
人間としての成長や知的興奮、社会への貢献など
単なる金銭欲を超えた動機。
外部からではなく自分の内面からわき出る自発的な欲求。

ということです。

私もかねてよりモチベーションについて大変興味があります。

モチベーションは報酬と連動していると考えます。
モチベーション1.0は金銭2.0は金銭+ポスト
3.0は個人のやりがいが主な報酬であると思います。

今後はこの「個人のやりがい」を組み込んだ組織が増えるでしょうね。
やりがいでモチベーションを高められれば、
金銭やポストを過剰に準備する必要がないですからね。

さて、このモチベーション3.0、
提唱者はアメリカのジャーナリスト、ダニエル・ピンク氏です。
著書「Drive」の中でこのことについて触れているそうです。
(現在は英語版のみ。6月に日本語版が講談社から出るそうです。)

ダニエル・ピンク氏といえば、こちらの本で知っていました。
「ハイ・コンセプト『新しいこと』を考え出す人の時代」

この本も面白いのでオススメですよ。

“Hello, Idea” フリスクのCM

フリスクのCM「Hello, Idea」シリーズが面白いです!
アイディアを生む苦しみや喜びを適確に表していると思います。

CM1:Idea Anthem 篇

CM2:Idea Pain 篇

CM3:Idea Place 篇

アイディアが思いついたときの達成感、私は大好きです。
あの感覚はそれだけで自分に楽しさがわいてきます。

【参照ページ】
■FRISK Japan Official Website ADギャラリー
http://www.frisk.jp/ad.html

TVのCM「ソフトバンクモバイル」

テレビCMの話をもう1つ。
近年のCM業界において、最も大きなヒットと言えば
ソフトバンク「白戸家・お父さん犬」でしょう。

ソフトバンクのCMはインパクトの強いものが多いように思います。

初期のCMはハリウッド俳優・女優を起用してのCMでした。
ブラッド・ピットキャメロン・ディアス
日本の携帯キャリア会社のCMに出ているというのが驚き。
相当なギャラを支払ったと思いますよ。

そして次は白戸家。これは説明がいりませんね。
お父さんが、お兄さんが黒人、というあり得ないシチュエーションを
上戸彩のポップさでカバーしてます。
最近ではBGMにさだまさしを充てるなど、奇抜さに磨きがかかっていますね。

もう1つ、驚きのCMと言えば、SMAPのCMですね。
docomoとの契約を終了したSMAPを奪い取り、
「SMAPがsoftbankに来た、みんなもおいで!」と言わんばかりの
CMは素晴らしい出来でしたね。

ライブ会場のようなステージから階段を降りるCMは
公開前から注目を浴びていましたよね。
CMが流れ始める日時を告知したり、CMのメイキングのCMを流したり、
すごいことです。

そういえば、最近「S-1グランドチャンピオン2010」という番組がありました。
softbankが主催するお笑いコンテストです。
各月の優勝者+有名コンテストの優勝者を出場させ、
賞金1億円を出す、という大会でした。

この大会の終盤、優勝者を視聴者が投票する間のCM、
この番組で一番盛り上がるところのCMがすごかったです。
softbank白戸家・母に会いに2010・冬という3分間のCM1本を流しました。

今までに見たことのある内容でしたが、それを連結し
さらに3分間というミニドラマのような構成に目を奪われました。

そのCMに見とれていると、3分後に投票結果の発表が始まる。
素晴らしい流れでしたね。

ソフトバンクのCMはこれからも要チェックですね。

イメージコンサルタントって?

昨日の「シルシルミシル」(テレビ朝日系列)に
イメージコンサルタントの𠮷原珠央さんが出ていました。

イメージコンサルタントって、
政治家のイメージ戦略を練る人、という印象で
アメリカでは仕事としてあることは知っていましたが
日本で専門的にやっている方がいるとは知りませんでした。

Googleで「イメージコンサルタント」と検索すると
𠮷原さんの他にも何名かの名前が挙がってきます。

イメージコンサルタントとは、
クライアントのイメージを改善することが仕事です。
ファッションやメイク、話し方などなど。

経営者や個人で仕事をしている方は
第一印象をよくしたいとか、一度で記憶に残したいとか
そのような要望があるのではないでしょうかね。
そういう方はイメージコンサルタントのお世話になってはどうでしょうか。

■参考
𠮷原珠央さんブログ http://ameblo.jp/womancbbyoshihara/

カテゴリー:企業・人 タグ: ,